GTR/GT4/...
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
WRC4
約1週間遅れで購入しました。
発売直後にバグありとの情報がありためらっていたのですが、バグがあるのは1つのモードだけ。スパイクからも公式にアナウンスがありディスク交換か分からないけど対処があるようなので、それまで待てないしという事で。交換なりの対処方法が決まったらその時に従えばいいかなと。

3では全ての見た目が粗い感じだったのですが、4では滑らかになりグラフィックは確実に向上。遠景は相変わらず突然現れたりしますが…まぁグラフィックの向上は今のご時世当然でしょう。無駄に多かったアフターファイヤーも減っています。音は格段に良くなってます。通常はボンネット視点かドライバーズ視点なんで分からなかったんですが、たまたましてみた後方視点だとはっきりと数段音が良くなってるのが分かりました。

一番の注目である挙動はどうなのよ。3ではかなりトリッキーな感じでドーンとブレーキ→ホレッ!とステアリングを切る→向きが変わったらアクセルベタ踏みでドリフトコントロール。と結構ゲームチックでもありそれが良かったのですが。ブレーキをドーンと同じような感覚でいくと、そのままドーンとコースアウトもしくは壁に激突大破してしまいます。弱アンダーな感じが強くなったようで完全に4の方が好みの動きでヨイです。ブレーキ、ステア、アクセルのより細かな操作、正確さが要求されます。
クラッシュした時のダメージもより細分化されていて、3同様に外装類の破損は勿論ですが、その他にサス、エンジン、ミッション等にもダメージがより現れるようになったのでよりクラッシュしないようにドライブする緊張感大。

グラベルやマッドを走った時につく汚れもいい具合に表現されています。GT4ではいくらダートを走ってもピカピカのままだったのでこの点はさすがですね。GT4製作者は「どうだ!俺の作った車綺麗だろ。」的な感覚で車を汚したくなかったのでしょうか( ´∀`)
3で気に入らなかったのがターマックでも砂煙みたいなのが出ていた事。オールターマックでのSSだとしても出まくってましたから…この点は4で改善されています。グラベルの直後にターマックに入る場合などは、まだ少しフェンダー内に残ってるであろう砂等で最初の内だけは砂煙は出ます。でも少し走ると出なくなりやっと普通になったなと。

収録車種はWRカーは当然で、今回はGroupN4とSuper1600を新たに収録。特に気になっていたのは、Citroen C2、Peugeot 206、Ford Fiesta、Renault Clio、Suzuki IgnisとなっているSuper1600。高回転まで回してないとパワーが出ないのですが操り易いので今のとこは1600で練習中。でもFiestaだけはなんだか別物で、低い回転からかなりパワー感があり、シフト操作の忙しいのなんのって(^^; まるで別クラスのよう。

最初は慣れる為にクイックレースやシングルラリー(最初はWRカーのみ)で色々なコースを走る。その結果によって何ポイントか獲得。貯めていったポイントを使って車やコースのロックを解除する。てな具合が流れです。まだGroupN4とSuper1600をアンロックしただけなので、これからは車のチューン度(エボリューション)やコースの難易度アップの為に走り込み中。
[PR]
by garage-ks | 2005-04-15 08:00 | その他レゲー
<< D1GPinお台場 やっと(WRC4) >>